八王子市初沢町のうえの整形外科|リハビリテーション科、リウマチ科

MENU
ご予約・お問い合わせ Tel.042-669-0316

〒193-0845
東京都八王子市初沢町1231-5 高尾メディカルビル1F

受付の写真
リハビリ室の写真
リハビリ室の写真

    町のかかりつけ医師としてお気軽にご相談ください。

    お知らせ

    年末:12/28(火)午前中まで
    年始:1/5(水) より通常診療

    ご不便をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

    新型コロナウイルス感染症対策のため、混雑時には院外でお待ちしていただく場合がございます。外出先からホームページ上で、現在の待ち人数を確認できますので、ご利用ください。また、診察待ち人数が多数となった場合、受付時間を早めに締め切らせていただくことがございますので、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。

    ホームページをリニューアルしました。今後も定期的にさまざまな情報を更新してまいりますので、ぜひご覧ください。
    下記、QRコードからもご確認いただけます。

     

    QRコード

    順番待ちシステムを用いた混雑緩和について

    当院では、来院者の「3密」回避と待ち時間対策のため、順番待ちシステム(アイリスト)を導入しています。混雑状況のご確認や待ち時間の有効利用にぜひお役立てください。
    医師の注射・診察を希望される方には、受付時にQRコード付きの診察待ち番号チケットを発券します。外出を希望される方は、外出先からスマートフォン等で待ち人数がご確認いただけます(外出される方は、必ず受付にお申し出ください)。
    詳細はこちらをご覧ください(PDF)
    ※PDF形式の文書をご覧頂くには、Adobe® Reader® プラグイン(無料)が必要です。
    お持ちでない方はこちらから入手できます。(外部サイト)

    ご不明な点がございましたら来院時にお気軽にお問い合わせください。
    注:アイリストではリアルタイムで待ち人数が変動します。来院された時点で、ご自宅を出られた時とは待ち人数が変わる場合がありますので、ご了承ください(初回閲覧時から時間が空いた場合はブラウザを更新されることをお勧めします)。

    新型コロナウイルス緊急事態宣言による当院の対応について

    1)当院スタッフ全員が検温等、健康管理を徹底した上で、マスクを着用し、適宜手洗い、手指消毒を行っております。

    2)受付にアクリル板、院内の各所にサーキュレーター(壁かけ扇風機)を設置しました。また、院内の換気を適宜行っております。

    3)診察室や待合室の椅子、リハビリテーション器具など、定期的な清掃の他、アルコールなどによる消毒作業を適宜行っております。

    医師紹介

    院長の写真

    院長 上野 剛史

    こんにちは。院長の上野剛史です。

    私は患者様が困っていること、求めていることを感じながら、患者様にとって本当に必要な治療を提供できる医師でありたいと思っています。「何科に受診をしたらよいかわからない」など、整形外科以外のお悩みでの受診にも対応し、患者様に合わせた診療科へご紹介をいたしますので、(町のかかりつけの医師)として頼っていただければ幸いです。

    医師紹介を見る

    医院案内

    外観の写真

    医院名うえの整形外科

    住所〒193-0845
    東京都八王子市初沢町1231-5 高尾メディカルビル1F

    TEL042-669-0316

    FAX042-669-0317

    休診木曜、土曜午後、日曜、祝日

     
    08:45~12:00 × × ×
    14:45~18:00 × × × ×

    休診:木曜、土曜午後、日曜、祝日
    ※診察開始は午前9:00から、午後15:00からとなります。
    ※リハビリ診療時間は午後12:30まで、
    午後18:30までとなります。

    医院案内を見る

    交通案内

    最寄駅 JR・京王線「高尾駅」南口バスロータリー前
    駐車場 近くにコインパーキングがあります
    交通案内を見る

    院長の想い

    リハビリテーション室の写真

    気のすすまない治療には、別の選択肢を提案します

    整形外科での治療では、注射などで痛い思いをするのが心配という方も、少なからずいらっしゃると思います。当院では、「この治療がいいですよ」とおすすめはしますが、苦手であったり、気がすすまなかったりするようであれば、ほかの選択肢をご提案します。例えば、ご希望により注射を控えるのはもちろん、痛み止めの西洋薬を漢方薬に変えて処方することもあります。

    診療では、特に問診と検査を大事にしています。どういう時に、どこが痛いかなどを伺うことでかなりの診断はつきますが、MRIや採血検査をすることで、見落としなく症状や病気を見極めるようにしています。例えば、腰痛を訴えている場合に、がんなどの重篤な疾患や、子どもの場合は疲労骨折(脊椎分離症)が見つかることもあるからです。

    また、改善された後もご自宅でケアができるように、筋トレやストレッチの仕方を指導し、イラスト付きで書かれた資料を作ってお渡ししています。

    院長の想いを見る